最新の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国します

カテゴリ:Usakos

06/11

おはようございます。


今月、2年間の任期を終えて帰国します。
ナミビア出発は6月20日、日本到着は21日です。
今回は到着が成田ではなく羽田になるそうです。横浜市民には嬉しいです。
ナミビアー南アー香港ー羽田ですが、香港からの到着が夜の9時半なので心配です。


早く日本に順応できるように頑張ります。
まず、すまーとふぉんって何なのか分かりません。


日本の皆様、飲みに誘ってください。
それでは。
スポンサーサイト

1周年

カテゴリ:未分類

01/01

新年明けましておめでとうございます。

しばらく更新しない間に、日本から何通か生存確認のメールを頂きました。
ご心配おかけして申し訳ございません。
元気にやっております。

この半年の間にいろんなことがありました。
いろいろありすぎるので、帰国してからお話します。
要は思い出すのも書くのもしんどいんです。

1つあげるとすれば、おとーちゃんとおかーちゃんがナミビアに来ちゃったことでしょうか。
はるばるアフリカの大地にやってきてくれました。
エジプトなどのメジャーな旅行先ならともかく、旅行ガイドブックにも全然載っていない南部アフリカの国に、しかもヨハネスブルグを通ってくるなんてうちの両親もなかなかファンキーだったなぁと今になって思います。

アフリカに年配の両親がたずねてこられるくらい、海外が身近になったということです。
両親が自分の歳の頃は考えられなかったことだと思います。

しかし身近になったとはいえ、それは往復の交通の話。
日本人にとって日本より安全な海外の国などはなく、それは今も昔も変わりません。
自分の任地や観光名所へ連れていきましたが、首都の盗難が多発する大通りも歩いてもらいました。
1年以上ナミビアにいる自分ですら目を光らせていなければ何か盗られてしまうような通り。さすがに母親はかなり神経を削られたようです。
でも、これがアフリカだということを伝えたかったんです。

とにかく無事に、交通事故も盗難もなく日本に帰れたのでほっとしました。



タイトルの「1周年」ですが、ナミビアに来てから1年とかじゃなく、結婚して1年とかいうわけでもありません。

なんと最後に髪を切ってから1年が過ぎてしまいました。

協力隊に参加する人は坊主にしたり伸ばし続ける人が多いのですが、自分も長い人生で伸ばしてOKな時期なんてそうないと思い、伸ばしちゃいました。イメチェンです。

↓↓こんな感じです。

かたーい肉
上下学校ジャージを着てます。かたい羊肉を噛むとこういう顔になります。

南アフリカ国境
ナミビアと南アフリカの国境を流れるオレンジリバー。乾燥地帯の岩山を流れる大きな川は不思議です。


最初は90年代のキムタクを目指しましたが、どうも髪以前に顔が追いつかないようで断念。
自分は少しクセがあるので、最終的にマリノスの中澤みたいになりました。
1年が経ち、区切りがよくて目指すものもなくなったので、12月30日に切りました。

ちなみにナミビアでこの程度の長さの髪の毛は売り物になるようです。
大体5000円くらいらしいです。
友達から何件か予約が入っていましたが、争いになるので切った髪は捨てることにしました。



学校では2010年度が終わり、1月から新年度がスタートします。
これからも、算数・理科の副教材充実、同僚も含めたコンピュータの指導を中心に進めていこうと考えています。
自分の後任も決まり、自分が帰国してすぐに来るようです。



さらに、今年は自分の進路も決めなければなりません。
協力隊というのは現在事業仕分けでことごとく叩かれていますが、社会にその成果が正しく伝わっていないのが実情です。
それを正しく伝えていくのが今後の私たちの課題のひとつではあるのですが、如何せんまずは自分の次のフィールドを決めなければなりません。

帰国したら、職歴なし24歳無職からスタートです。
2011年は波乱の年となりそうです。

本年も宜しくお願い致します。

冒険家

かぜ

カテゴリ:Usakos

07/22

風邪は毎週のように引いている。
1年が過ぎても、この気温の変化の激しさにはついていけん!!
I'm getting old.


かぜはかぜでも、今週の理科の授業は「風」


風車を作り、校庭で回す。
エロンゴサ小学校は荒野の中にあり、高い木というものが皆無。
背後にそびえる山から吹き降ろす風を遮るものがない。
しかしそれが、風の勉強にはちょうどいい。
風がどこから吹くのか、方角の勉強もする。


風車は簡単に作れた。
そして子どもの受けも良い。
一生懸命取り組む姿が久しぶりに見られた。


ダマラの子は、つまらない授業に対してはっきりと「つまらない」と言う。
少なくとも顔と態度に出る。
大卒の新米教師にとってはこれは試練、いや乗り越えなければならない壁である。
毎週毎週、子どもを飽きさせないような内容、トーク、教材を考える。
まるで、わがままな女の子のためのデートプラン。


うまく行く授業というのは、週に1回あれば良いほう。
月に1回のときもある。


しかしその1回の時の達成感が、教師の醍醐味のひとつではあるのだ。


風車
「昨年の12月から髪を切っていない。ロングヘアーがなびく。」


そしてこちらは今年も再びソーラン節。


踊り
「昨年の12月から髪を切っていない。ロングヘアーがおどる。」


なかなかハードな生活を送る中で、体重が減らないのだけが悩みである。


春にはハーフマラソン、そしてフルマラソンにも挑戦の予定。
目指せ日本人トップ!!

07/05

「おい、シンヤ。今日は君に、ワールドカップでなぜ日本や韓国が強いかを教えてやる。」

「?」

「すなわち、あいつらはハーフタイム中に全員ユニホームを着替えてフレッシュな控えと交代してるんだ。ほら見ろよ、どいつも見分けが付かないだろ?」

とまぁこんな会話をよくする。1日2,3回以上、テレビのある飲み屋に行ったら10人前後がこの解説をしてくれる。

そりゃそうかもしれん。アフリカンにしてみれば東洋人なんてみんな金太郎飴みたいに見えるのだろう。茶髪も黒髪もいる日本はまだしも、北朝鮮はみんな1000円カットの帰りがけにサッカーをしてるようである。

こっちにしてみればアフリカンもぜんぜん見分けが付かない。うちの小学校なんて男子は100%坊主である。赴任当初、「全員の名前を一週間で覚えてやる!!」と意気込んで突入した初めてのクラスではもちろん撃沈。

ナミビア代表は残念ながらアフリカ1次予選であえなく敗退したが、かつてはナミビアも南アフリカの一部であった(1990年独立)ため、みんなバファナバファナ(南ア代表の愛称)びいきである。南アの開幕戦の日なんて同僚はブブゼラの吹きすぎにより、リップクリームの許容範囲を越えてしまうほど唇が荒れたらしい。

ワールドカップが始まってからというもの、役所やユースセンターでは公務員ですら仕事をしなくなったという。試合が始まる15時ごろになるとほとんど誰もいない。。。小学校ではさすがに先生がいなくなることもない。13時で子どもが全員帰るからだろうか。

みなバファナバファナびいきとは言ったが、基本的にアフリカの代表はナミビア人にとっては「おれたちのブラザー」「アフリカンチーム」「ユナイテッド」らしい。普段は部族の対立で国ひとつすらまとまっていない国もあるなか、ほんとコロッと変わってしまうものである。

一応アルジェリアもアフリカのチームだが、黒人が少ないこのチームにはみんなさほど興味を示していなかったように感じる。

日本の活躍により、先月はウサコスを自転車で走っていても

「Japan did win!!」(みんな過去形が得意ではない)

と声を掛けてくれる人が、大人子ども問わずたくさんいた。やっぱり嬉しい。
韓国が勝利した日ももちろん

「Japan did win!!」

北朝鮮が大敗した日も

「We did beat you!!」

である。ちなみに北朝鮮をボコボコにしたのはボルトガルであるが、ここまで来るとヨーロッパだろうが南米だろうが「俺たちのブラザー」である。アジアを倒したことが楽しいらしい。そこらへんの適当さも、1年も経てばもう慣れてしまった。



そう、ナミビアにやって来てからもう1年も経った。
日本は恋しくないけど、ラーメンと温泉が異常に恋しい。
日本代表が帰国したときに「日本のコッテリしたラーメンが食べたい」などとぬかしたそうだが、おれに言わせてみれば40日くらいギトギトのラーメンから離れたくらいでぎゃあぎゃあ騒ぐでない、と物申したい。こっちは週4でラーメンが夢にでてくるのである。

と、言うわけで1年も経ったので去年と同じように小学校でも地域のサッカー大会に向けて練習が始まった。
昨年は驚愕の5トップ2バックという超攻撃スタイルのナミビアサッカーを観ることができたが、今年は新しい先生(コーチ)がやってきたこともあり、練習を見る限りでは最終ラインにちゃんと4人いる。
しかし子どもたちに聞いてみると、やはりポジションとは「ストライカーとディフェンダーとGK」の三種類しかないという。

11人-GK1人-ディフェンス4人=ストライカー6人

という計算式を立ててしまったおれはナンセンスなんだろう。
頑張れサムライNamibia!!

04/06

この2ヶ月の間は自分の教育者としてのポリシーとかスタイルをかなり考えさせられた時期となった。


ナミビアに来たころは「自分は日本の先生の卵」という認識が無意識に存在していたと思う。
だから子どもたちに体罰はしなかったし、ボランティアという身分である以上、現地の先生とは違うスタンスで望もうとしていた。


しかし、その考えもかなり揺れた。
特に、進級にかかわる算数を教え始めてからだろう。


この子たちに何が必要であるかを考えると、自分の教育者としての考えなど二の次であると思うようになった。


分数の割り算を教えるには、なぜひっくり返してかけるかをその意味まで教えたい。
ちなみに大学の卒業論文のテーマはそれだった。
時間をかければできるだろう。
ナミビアの子がそれを理解できる可能性はゼロじゃない。


しかし分数の除法の意味を把握するよりも、彼らにとってもっと重要なことがある。


それはGrade12まで卒業すること。
それは彼ら、彼女たちの将来を大きく左右する。


Grade12まで卒業した子とそうでない子では、仕事に就ける確率ははるかに違う。
事実、このUsakosで働いて賃金を得ているのはたったの1割。
その1割の人たちに残りの9割がすがって生きている。
時々近隣の学校まで自転車を走らせると、平日の午前中から若者が酒を飲んでぶらぶらしている。


彼らに、そしてこの国に必要なのは学校を最後まで卒業すること。
そして国全体の力が上がっていくこと。つまり底上げ。
だったら分数の意味を教えるよりも、反復練習でテストで点が取れるようにしてやるのが先なのだ。


もちろん、両立するのが一番いいことはわかっている。それができればやっている。
しかし、この子たちの集中力、基礎学力、そして進級テストまでの限られた時間を考えると優先順位は変わってくる。
そして自分が描いていた教育者としてのポリシーは、この国では必要がないとさえ思えてくる。


自分がどうやりたいかを考えるのではなく、この子たちに必要なことを考え、それを教師としてどう導いていけるか。
ポリシーを持たないわけではないが、順番が違っていた。
何よりも大切なのは子どもたちである。


このようなことを書いておきながら、1年後はまた別のことを書いているかもしれない。
変わるのは仕方ないのだ。私は良くも悪くもまだ若い。



【ケンタッキーキャンキャンのその後】

さて、前回はケンタッキーとキャンキャンについて書いていたが、当たり前のように放置してしまった。
では、その後どうなったか。


その後ケンタッキーはうまくできた。
本物にすることはできなかったが(それができたらコックになっている)、子どもたちを満足させられる味にはなった。
ポイントは油をひたひたにして裏返しながら揚げること。
衣に熱が十分伝わっているため、裏返して空気中にあっても衣の熱が肉に伝わって火が通るのだ。


うまくできた。しかし子どもにかじらせてみると見事生だった。
しかしそこはナミビアの子。
生だろうが平気で食べ進める。


料理をしている間、子どもたちには日本の雑誌を読ませていた。
その名も「キャンキャン」


何もエビちゃんが好きだとかいうわけではない。
伝統文化だけでなく、日本の雑誌を紹介するのもなかなか面白いのではないかと思ったのだ。
しかし何を血迷ったか成田の空港で「婚活のすすめ」という本とダブルで購入した。
あのときの店員さんの目は忘れない。


ナミビアの子どもはとってもおしゃれ。
肌の色が黒いため、特に原色系の服を着ているととても映える。
この日も「キャンキャン」にかじりついていた。


「先生、今度日本に帰ったときにこれ買ってきて☆」


2年間は日本に帰ることはないのだが、子どもたちは平気でおねだりしてくる。
見ると、それなりのブランドの3万円はするミュール。
ファッションに3万円をかけることなど、23年間生きてきて一度もない。
3万円をナミビアドルに換算すると、子どもたちには天文学的な数字になる。


あえてその金額を教えると、目が点になっていた。


キャンキャンにはファッションだけでなく、水着のモデルさんも載っていたりして、それを発見した子どもたちは、ニヤッとして視線を自分に向けてくる。


そして現地語で
「先生こんなの読んでるんだ~」
みたいな。


言葉はわからなくても言いたいことは目を見ればわかる。


とんだ日本文化紹介になってしまった。


日本文化紹介といえば、この前子どもたちに習字をやらせてみた。


P1020259.jpg

P1020262.jpg

P1020264.jpg

P1020257.jpg





国がどこであろうと、みんな二度書きする。これは見ていて面白かった。特に禁止はしなかったけど。


そして賢い子は、鉛筆であらかじめ漢字を書いている。
これも私が「これはだめだよ」とは言っていないから、OK。
賢いなぁ~と感心してしまった。
禁止すれば、二度書きも鉛筆も反則行為。
でも言わなければ、それは子どもの楽しい一面だったり、賢い一面であったりする。


そのへんが教師の楽しいところ。


最後にナミビア名所の写真。
ソーサスフレイ(Sossusvlei)というところ。
ソーサスは「枯れた」という意味。
フレイは「湖」。


前回の砂漠とは違い、砂が赤い。
酸化鉄の色だそうだ。


P1020440.jpg



それじゃまた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。