ナミビア 赴任前の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/17

先週は任地のUsakosに視察と挨拶に行ってきました。
Usakosは首都Windhoekから西に300キロほど行ったところにある村です。
コンビと呼ばれるボロボロのバンのようなバスで行くんですが、それが速いこと速いこと。
常に120km/hは出ているので2時間半ほどで到着します。
三途の川と背中合わせです。


Usakosは本当に田舎です。

人口は5000人くらい。
地平線に太陽が沈みます。
満天の星空です。

コピー ~ DSC00188



町の視察と挨拶が目的だったのですが約2時間で終わり、近くの中学生に誘われてマラソンの練習に参加することに。


これがまた速いこと速いこと。すでにベスト体重からかけ離れている僕のせいもありますが、どんどん抜かされました。
最初は靴下で走ってる子。
さらには裸足で走ってる子。
しかも下は砂利道です。
近い将来オリンピックにナミビア選手がマラソンで勝つかもしれないと思いました。


赴任先の小学校は町のはずれにありました。どこまでが校庭かわかりません。
クラスは1年生から6年生までが1クラスずつ。7年生が2クラス。それぞれ40人くらいかな。
低学年なんかみんなカリメロに見えました。みんなすごく可愛い♪


ナミビアは1月から新学期が始まります。つまり今は年度のど真ん中。


僕は算数の先生のつもりで派遣されたのですが、校長と面接した結果


芸術と体育を受け持つことになりました!!!!
算数は新年度からということで。


芸術なんてよくわからんぞ。
芸術には音楽も美術もさらにはダンスも含まれるそうで。


こうなったらやってやります。
というか、やりたい放題です。
Erongosig 小学校に真哉旋風を巻き起こします。
まず1発目は「先生の似顔絵を描こう!」かな。



一方先週末の土日にはSwakopmundという海沿いの町にも行ってまいりました。
そして世界最古の砂漠、ナミブ砂漠に行きました。人生初の砂漠入りです。
砂浜が永久に広がっているような、そんな感じでした。
そして、デジカメのシャッターが閉まらなくなりました。砂嵐の砂がデジカメのレンズに入り込んだためです。みなさん、砂漠に観光に行くときにはZipLockを持っていくことをおススメします。


どこに家を建てようかな

おれの靴どこに埋まっちゃったのかな……



と、いうわけで来週からUsakosに赴任します。しばらくネットは使えなくなってしまいます。もしかしたら2年後まで…(笑)


みなさんお元気で!!
また頑張って更新するので僕のこと忘れないでくださいね。
スポンサーサイト

07/06

おはようございます!池上です。 


ちゃんと生きています。ただいまナミビアの首都Windhoekにおります。
ナミビアに来て10日以上が過ぎました。
ここWindhoekでは現地語学訓練と言うものを行い、いろいろと現地ならではの文化や場所、生活の仕方を学び1ヵ月後に任地に赴任すると言う形になっています。


6月24日、空から見たナミビアは本当になにもないところでした。
乾燥地帯に低い木が点々と生えていて、ただそれだけでした。
だから南アフリカの国境を越えてからと言うもの、眼下の景色がまったく変わらず、高度を下げ始めても「これは不時着するんじゃないか」と思ったほどです。


ナミビアはだだっ広くて、その中にぽつーんぽつーんと街があります。
その中でも首都Windhoekは異様で、まるでヨーロッパの中に来たんじゃないかと思うほどきれいな街です。素敵な教会、広い公園、そして大きなショッピングモール…何でも手に入ります。


しかしここにいる人はアフリカ、ナミビア人。白人も少しはいるけど90%以上が黒人です。
ぼくら東洋人はどう頑張っても目立ちます。何をしても、どこにいても。
ナミビアには実はたくさんの中国人がいます。そしてナミビアの人は中国人を嫌っている。なにも人種による差別ではない。


中国人はビジネスチャンスを求めてこのアフリカにやってきます。そして公共工事なんかを全て持っていく。そして従業員に地元の人を使うわけでもなく、食べ物も地元で買わずに中国から輸入して自給自足をする。だからこのナミビアにはなにも還元されないんだそうです。するとやはりナミビアの人たちは面白くない。


街を歩いていると、「チンチョン!」って呼ばれます。本当は中国人を馬鹿にしている言葉らしいのだが、最近ではそれが中国人に対する挨拶になっているそうだ。だからおれはこう返す。「I’m Japanese !」


意外と分かってくれます。日本は中国の一部であると勘違いしているナミビア人も、Japaneseと聞くと分かってくれます。


これから何度チンチョンと呼ばれてもおれは日本人だよ!と返そうと思う。まずはおれを知ってもらうこと。そこから活動が始まっていくと思うから。


今日は近くの学校、塾のようなところに行って算数の授業をします。
アフリカ1発目の授業。頑張ってきます!!

06/23

無事に南アフリカ共和国に到着しました!!

香港までが 5時間
さらにヨハネスブルグまでが 15時間

機内食 3回
ジン 1杯
りんごジュース 2杯
水 2本
映画 3本

そして、睡眠時間 6時間

この先こんなに飛行機に乗るのは‥‥2年後にあともう1回でしょう。


本当はあと1回飛行機に乗ってナミビアに向かうのですが、南アフリカで1泊です。
世界で最も危険な都市といわれるヨハネスブルグ。
昼夜を問わずして強盗、傷害が起こるW杯開催都市です。


南アフリカの調整員の方と一緒に行動しているのですが、
その方によるとどんなに危険といわれていても、要は自己管理とタイミングなんだそうです。
自己管理が出来ていない人は事故に巻き込まれるし、していてもタイミングが悪ければ地球の裏側どころかあの世に行ってしまうと言う事だ。

天に祈ります。これからいい子にするのでどうか命だけは助けてください!!


南アフリカで何をするかというと、サッカー観戦でもなく、観光でもありません。
大使館に表敬訪問です。
ナミビアには大使館がないため、ここでしていくのです。
ナミビアに関していろいろと説明していただきました。
日本人は50人くらいで、ほぼJICA関係者になります。
よって大使館がこの先できる可能性はほとんどないそうです。


大使館がないと困ることは、やはりパスポートをなくしたとき。
再発行したいけど、自分が国外に出られないので、わざわざ大使がナミビアまで来てくれるそうです。
大変ですね。


今日はこの後南アフリカ隊員の方と夕食をとっておやすみ‥です。
夜は冷えます。持ってきた服全部着て寝ます。


明日はいよいよナミビア!!
トップへ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。