--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinya27nam.blog59.fc2.com/tb.php/17-96331fd3

08/29

25日で2学期が終了。ただいま春休みに入っています。


試験期間も中盤に入ると、他の先生から○付けを頼まれることがよくありました。
簡単な記号問題や算数ならすらすら進みますが、記述問題となるとお手上げです。


「宗教」の科目のノート採点をしてるときなんか頭がパニクッてました。半日掛けて10人分しか採点できませんでした。担当の先生から模範解答をもらっているのですが、やはりこの問題では何を答えさせたいか…なんて考え始めるともうペンが進まない。その頼んだ先生が言うには「ちゃんと解答を渡してるんだからできるでしょ。」そう言われてもなぁ。


試験の採点をしてるときに気付いたのだが、この学校の生徒たちはほとんどの子がボールペンでテストを解答している。決して「ナミビアの子は何事にも一発勝負を信条としている」というわけではない。間違えたらそれを真っ黒になるまで塗りつぶしてからとなりに答えを書くのだ。だから記述形式なのにたまにマークシートのようにも見える。なぜボールペンなのかはこれから子どもたちに理由を聞いてみようと思う。


一方でボールペンで書くがゆえに、修正する気を全く起こさずに60分のテストを20分で終える子もいる。しかもここは中学ではなく小学校。集中力が続くはずがない。終わった子は静かにしながらも友達と交信をはかろうとする。教室中がE.T.である。


どの子も他の教科に比べて算数が圧倒的に弱い。日本の6年生に当たる子たちのテストで
「6kmはmであらわすと何mでしょう?」
を正解した子は約40人中2,3人だった。


そんなところで先生たちは成績をつけて通知表を書くのだが、この小学校の子たちは試験期間が終わるともう学校へはやって来ない。学期が終わるまでの間に先生たちが通知表を書き、最終日に親御さんがそれを取りに来る。


なんでまたそんな面倒くさいことをするのか?と聞いたところ、
「子どもたちは通知表を親に見せたがらないだろ?」
と、同僚が教えてくれた。ここらへんの子どもの気持ちは世界共通なんだろう。


というわけで最終日には親御さんが沢山いらっしゃった。
ナミビアに来る前は、写真に写っている黒人はみんな同じ顔に見えたものだった。
しかしこうして親御さんを見てみると、親子そっくりの家族がたくさんいるんです。「絶対あの子のお父さんだ」って予想すると当たってるんです。そして我が子の悲惨な成績表を見て頭抱えてたりしてます。ほんまに面白い。


E.P.S.はロケーション(黒人街)の外れにあるがために、アクセスが悪い。みんな歩いてきますが中には車で来る人も、そして…


ロバにまたがってくる人も多数。



あぁ、おれアフリカにいるんだなぁ。と感じた一瞬でした。
担任を持っておらず、基本的に暇な時間だったので、


5分後にはおれもロバで遊んでました。


なかなか大人しいんですよ。馬鹿の象徴といわれてますが、可愛い一面も見せてくれました。


明日からは生徒の遠足に付き添います。遠足といえどなんと1週間!!アフリカンタイムです。


Etosha国立公園に行ってサファリをしてきます。ライオンの餌にならないように気をつけます。


行って来ま~す。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinya27nam.blog59.fc2.com/tb.php/17-96331fd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。